美健ビジネスルール集

該当するカテゴリを選択→各セクション詳細項目にジャンプします。

         

2014年03月21日

2−A.改正特定メール法




<解説>
同意なしに広告メールを送ると行政処分を受ける他
罰金を科されることもあります

*行政処分例
 特定電子メール法違反:サイトへ誘導する宣伝メール
(1)2009年6月3日
(2)東京都(総務省)
(3)インターネット通販会社「ホーリーエース」(渋谷区)
(4)東京都渋谷区のインターネット通販会社「ホーリーエース」に、改正特定電子メール法に基づく
   措置命令が総務省から2日に下されました。
   同社が運営する通販サイト「シェナビューティー」に誘導するための宣伝メールが受信者の承諾
   なしに不特定多数送信され、同法施行後の昨年12月以降約800件の苦情が寄せられていた
   とのことです。





posted by Mike Hayashida at 10:43| Comment(0) | 2.広告表現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

薬機法とは
2014年(平成26年)11月に施行された大きな薬事法改正に伴い薬事法の名称が事法の名称が「薬機法」に変更されました。

医療機器や再生医療といったこれからの社会において必須といわれる医療技術面に重点を置いた改正になっています。

薬機法と薬事法の違いは?
薬機法では特に大きく変化する医療技術の高度な安全性と柔軟な実用化を目的に、従来硬直的だった薬事法を改正されたと考えられます。

薬機法のトピック
医薬品・医療機器などの安全対策強化
医療機器の特性をふまえた規制への対応
再生医療に対する規制への対応
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。