美健ビジネスルール集

該当するカテゴリを選択→各セクション詳細項目にジャンプします。

            

2014年08月17日

15−G.医師しか行えない行為(医行為)の定義


医師法17条[医行為を行なえるのは医師のみ]   >>>

医行為とは何か[判例の基準]   >>>



posted by Mike Hayashida at 23:02| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−F.エステのNG行為とNG広告表現


エステの NG 行為   >>>

エステの NG 広告表現   >>>



posted by Mike Hayashida at 22:52| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−E.エステティック業自主基準





<解説>
日本エステティク振興協議会が判定した自主基準です。


posted by Mike Hayashida at 18:30| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−D.アートメイクが医師法違反となる基準





<解説>
アートメイクが刑事摘発されるケースが頻発しています。


posted by Mike Hayashida at 18:24| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−C.リフレクソロジー等が「あはき法」に言う「マッサージ」に該当し違法と扱われる基準

※あはき法(あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律)




<解説>
あはき法違反として刑事事件になっているケースもあります。


posted by Mike Hayashida at 18:23| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−B.脱毛行為が医療行為として違法と扱われる基準





<解説>
この通知は機器の医療機器該当性を示す通知ですが、
このような機器を用いて脱毛を行っていれば医療行為を
行っていることになります。

※医療行為の基準については⇒コチラ



posted by Mike Hayashida at 18:21| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15−A.施術サービスガイドライン(厚労省平成3年6月28日通知)<カイロプラクティックがやってはいけないこと>





<解説>
カイロプラックティックは国家資格ではありませんが
この通知の対象とされ、やってはいけないことが
示されています。


posted by Mike Hayashida at 18:16| Comment(0) | 15.施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
薬機法とは
2014年(平成26年)11月に施行された大きな薬事法改正に伴い薬事法の名称が事法の名称が「薬機法」に変更されたものになります

医療機器や再生医療といったこれからの社会において必須といわれる医療面技術に重点を置いた改正になっています。

薬機法と薬事法の違いは?
薬機法では特に大きく変化する医療技術の高度な安全性と柔軟に実用化を目的に、従来硬直的だった薬事法を改正されたと考えられます。

薬機法のトピック
医薬品・医療機器などの安全対策強化
医療機器の特性をふまえた規制への対応
再生医療に対する規制への対応
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。